1. HOME
  2. ブログ


第1回 公表資料

2023年11月に開催した同窓会総会で「時代と社会情勢に合わせた同窓会制度の変更に関する提案」を行いました。

会則は制定後45年間改訂を重ねながら現在に至っています。その間、社会情勢は変わりましたが基本的な部分は継承してきました。今回の提案は現在そして近い将来を含めた社会情勢や、同窓生の状況に合わせて同窓会の制度を変更することを目的としています。

基本的な制度の変更を伴うため、多くの同窓生の皆様からご意見を募り検討を重ねる目的で、二回の総会にわたり議題とすることを役員会で決定しました。

今回から複数回に分けて、同窓会の現状、制度の変更案をお伝えして、皆様からのご意見を募る過程を経て、2024年11月に開催する同窓会総会で議案を審議する予定です。予定は以下のとおりです。(役員会の審議などにより期日や内容が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。)

■ 公表資料の概要

第1回は以下のとおりです。

1.同窓会の現況

1.1. 同窓生数
1.2. 卒業年別の同窓生数の推移
1.3. 収支の推移
1.4. 役員

2.問題点

2.1.  同窓会の存在意義
 2.1.1. 同窓会と同窓生との関わり
 2.1.2. 年齢によるもの
 2.1.3. 連絡手段によるもの
 2.1.4. 同窓会の存在意義によるもの
2.2. 収支の不均衡
 2.2.1. 収入
 2.2.2. 支出
 2.2.3. 収支の不均衡
2.3. 役員の負担
 2.3.1. 役員会の運営方針
 2.3.2. 役員の業務
 2.3.3. 役員の負担
 2.3.4. 役員のなり手不足
2.4. 運営環境の変化
 2.4.1. 同窓生の意識の変化
 2.4.2. 個人情報への対応
 2.4.3. コンプライアンスへの対応
 2.4.4. ガバナンスの対応

3.あるべき姿

3.1. 目的の堅持
3.2. 運営方針
3.3. 財務
3.4. 役員会

■ 公表資料

第1回 公表資料 ( PDFファイル・1MB )

第2回公表資料はこちらです。